2018年1月スタートドラマがいよいよスタートします。どれを見ようか迷っている方は、ぜひお茶の間の方がどのドラマに期待しているか理由を交えながらご紹介しますので参考にされてみてください。

月9フジ海月姫

20代男性の声

個人的に期待したいのは月9の「海月姫」です。

この作品は東村アキコ氏原作の漫画で本年にドラマ化された「東京タラレバ娘」も描かれています。

もともとこの原作はすでに映画化されておりその際に主演「のん」(旧 能年玲奈)、脇の蔵之助を「菅田 将暉」が演じて放映されました。個人的には素晴らしい映画であったと思うのですが今回のドラマでは主演「芳根京子」脇に「瀬戸康史」さんが演じます。

がらっと演者がかわり、脚本も徳永友一氏(電車男でデビューした脚本家です)で雰囲気が全然違うものになるのではと考えています。最近の月9は落ち気味だといわれていますが期待してみてみたいと思います。(20代男性)

20代女性の声

海月姫が気になっています。原作の漫画も読みましたし、映画版も見たからです。
ドラマ版では芳根京子さんが月海を演じるということで、どんな作品に仕上がるのかとても気になっています。映画では能年玲奈さんが月海を演じましたが、オタク女子の役なのにけっこう美少女感が強かったです。芳根さんはいい意味で普通の女の子なので、原作に近いキャラクターを演じてくれればと思います。
あとは、他の個性の強いキャラクターたちを、だれがどんな風に演じるのかがとても楽しみです。キャラの濃いオタクたちばかり出てくるので、世間からどんなふうに見られる作品になるのかも期待しています。(20代女性)

木10フジ隣の家族は青く見える

「隣の家族は青く見える」の深田京子、松山ケンイチ夫妻の演じる妊活ドラマに注目しています。

ちょっと昔ににはなかった、「妊活」というワード。

いわば小作りなのですが、「妊活」だと、いやらしさなく、真剣に向き合っている感がでるように思います。

きっと不妊治療をはじめ、様々な問題を抱えている夫妻にはピッタリだし、男性同士の同姓愛カップルが真剣に子供を迎えようとしている、という設定もあり。

この役は誰がどのように演じるのか、キャストも気になるところです。

少しずつ周知されつつある、「LBGT」の事情も取り上げられそう。

主体は妊活ですが、現代社会で取り上げられている現象や問題を易しく知ることが出来そうなドラマに注目しています。(30代女性)

日21時TBS99.9-刑事専門弁護士-シーズン2

松本潤主演の99.9-刑事専門弁護士-シーズン2が帰ってきます。今から、楽しみです。

主演も松本潤が演じる深山大翔で99.9%有罪とみなされた案件でも、残された0.1%の事実を自らが納得するまでとことん追及する超型破りな斑目法律事務所の若手弁護士です。

また、深山とチームを組む敏腕弁護士・佐田篤弘演じる香川照之。

新ヒロインとして加わる木村文乃さんが演じるのは、元裁判官の弁護士・尾崎舞子である事件がきっかけで裁判官を退官し、しばらく司法界からは距離を置いていた舞子ですが、ある日親友の付き添いで斑目法律事務所を訪れることになり、そこで深山とぶつかり合うことで、再び司法の世界へと戻ってくる(弁護士として)ことを決意するようになっていくというストーリーです。

今わかっているのは、ここまでなのですが、来年のドラマで一番楽しみです。(50代男性)

火曜22時TBSきみが心に棲みついた

きみが心に棲みついたに注目しています。

脚本を書いている吉澤智子の「あなたのことはそれほど」がとてもスリリングで面白かったからです。

今回は前回のようなスリリングでドロドロ系ではなさそうですが、人間の表裏をどのように表現するのかが気になります。恐らくそこを上手に表現されるのではないかと考えます。

キャストも人気の吉岡里帆さんや桐谷健太さんなど豪華なメンバーですし、演技派が多いので引き込まれるドラマになりそうです。

主題歌がどんなアーティストになるかも注目ですが恐らく人気アーティストが担当になるのではないかと思います。(20代女性)

ママ

主題歌は、E-girlsのpain,painに決まりました。

金22時TBSアンナチュラル

石原さとみの作品は大体好きなので、毎回見ています。逃げ恥の脚本、毎回ドラマ楽しみで、逃げ恥見るために一週間頑張れると思えるほど、とても面白かったので、今回も面白かったらいいなと思いながら、期待してます。

またオリジナル、という言葉がすごく特別感があって楽しみです。一話完結もずっとドラマ見なきゃいけないっていう縛られがなく、手軽に見れそうなのでいいと思います。(30代女性)

水21時テレ朝相棒シーズン16

もう、ありきたりの展開の刑事ものですが、定番なので飽きがないところがいいです。

水谷豊さんと反町隆史さんの組み合わせもそろそろ見ている側として定着してきたし、なにより、反町さんがおじさんくさくない、かっこいいのがいい。また特命係に任命された反町さん。

これから水谷さんと摩擦を少しずつ起こして、仲間割れしないことを願ってますが、正義は一緒でもやり方や方向性の違う二人。相棒としてお互いに認め合って、事件を解決してほしいです。

時々、ひょこりと現れる山西さんと浅利くんも注目。2人共に、絡まれるのは嫌だな、と思いながらもいい仕事っぷり。脇役として最適です。(30代女性)

 

2018年1月スタートドラマの関連記事はこちら