2017年11月3日(金)放送のコウノドリ第4話は、第1子を帝王切開で産んで第2子を経膣分娩されたい方(トーラック)をテーマにしたママの出産ストーリーでした。

THE BOOMのボーカリストの宮沢和史の長男、宮沢氷魚(みやざわひお)さんのこれからの演技に期待です。

コウノドリ第4話ネタバレ

コウノドリ第4話は、安めぐみ演じる蓮という主婦が、一人目の子供は帝王切開で産んだため、今妊娠中の2人目の赤ちゃんは、自然分娩で産みたいという話がメインでした。
長女の育児にイライラしていて、それを前野朋哉演じる旦那さんがわかってもくれず、夫婦間もうまくいってないようでした。
トーラックという、帝王切開のお産の後に自然分娩で産む方法を強く希望しています。
それを鴻鳥サクラ役の綾野剛はリスクを伝えた上で了承し、四宮春樹役の星野源は反対していました。
陣痛に耐えた蓮でしたが結局は、また帝王切開で産むことになりましたが、どのような出産か、ではなくどのように思って出産したかが大事だと、鴻鳥先生に教えられていました。
赤西吾郎役の宮沢永魚は、蓮の帝王切開て前立ちした事で、初めて参加としてやりがいと嬉しさを感じていました。
四宮先生からのジュニアくん呼びや、使えない。と言われていたことも、四宮先生も父親が産科医でかつては、四宮先生がジュニアくんと言われていたことがわかり、愛のムチだったことがわかりました。
(20代女性)

 

トーラック(帝王切開後の自然分娩)を強く希望する秋野さん。
ご主人に相談するも、あまり真剣に話を聞いてもらえずため息がでる。

それでも、自分が思ったようにしたくて、トーラックが出来る病院、ペルソナを受診する。
コウノトリ先生にトーラック希望を伝え、先生もお母さんの意思を尊重してくれました。

リスクがあっても下から産みたい秋野さん。
こだわります。
それは、一人目の子どもに強くあたってしまうのが、帝王切開で産んだからだと思っているからです。
ママ友にも次は自然分娩をすると言って、最後の最後まで自然分娩にこだわりました。

十分がんばったよ、というご主人や娘さんの言葉で帝王切開に切り替えることをようやく決めて、無事に出産。
幸せそうな家族に温かいコウノトリ先生の言葉が胸に響きます。(30代女性)

 

安めぐみ演じる蓮は、娘にキツくあたってしまう事に悩み、娘を帝王切開で産んだために愛情が持てないのだと思うようになる。
自然分娩で痛みを伴えば、子供に愛情を持てるようになると思った蓮は、トーラックを希望する。
なるべく蓮の希望を叶えてあげたいと、綾野剛演じるサクラはトーラックを了承。
しかし、思うようにお産が進まずに、蓮にも赤ちゃんにも危険が及ぶと判断し、帝王切開での出産を薦める。
『絶対に自然に産んで、頑張って良い母になる』と頑なに帝王切開を拒む蓮に、娘が『ママ、頑張ってる!』と声を掛ける。
そんな娘の言葉で気持ちの変化が産まれた蓮は、帝王切開での出産に了承する。(30代女性)

 

以前帝王切開で出産した蓮(安めぐみ)はトーラックを希望して ペルソナを訪れました。 育児の中で子供にイライラすることが増え、それを帝王切開で産んだからかもと 悩んでいたからです。 ペルソナでは慢性的に産婦人科の人手不足に悩んでいました。 カンファレンスでも今回のトーラックを受け入れるのか、 人手不足の中で行うことを嫌がる四宮と あくまで患者の希望を叶えたいサクラで意見が対立します。 そんな中、蓮が陣痛で緊急搬送されます。 最初は蓮の陣痛の間、屋形船に行こうとしたような夫も、 妻が陣痛に耐える姿を見て、出産の認識を改めました。 蓮は限界ぎりぎりまで自然分娩を諦めようとはしませんでした。 でも娘の泣きながら「頑張って」と叫ぶ姿に、帝王切開に切り替えます。 「どう産んだかよりもどう思って産もうとしたか。 その想いは赤ちゃんに伝わっています」 サクラは蓮に伝えるのでした。(40代男性)

コウノドリ第4話をご覧になられた方の感想

自然分娩で産んでも帝王切開でも、同じく命を懸けて産むことには変わりはないし、産み方によって子供に対する愛情は変わらないんじゃないかなぁと改めて思いました。
でも、安めぐみ演じる蓮のように、気にする方もいるのですね。
日本の帝王切開でに対する概念が、少しずつ変われば良いなぁと思いました。
木下優樹菜とパーマ大佐演じた青木夫婦は、NICUに息子を預けているにもかかわらず、旅行に出かけてしまいました。
それを、坂口健太郎演じる白川先生が、本気で怒っていたことも良いなぁと思いました。
研修医の宮沢永魚演じた赤西先生の成長も見れて、なんだか嬉しくなりした。(20代女性)

 

トーラック(帝王切開後の自然分娩)を強く希望する秋野さん。
ご主人に相談するも、あまり真剣に話を聞いてもらえずため息がでる。

それでも、自分が思ったようにしたくて、トーラックが出来る病院、ペルソナを受診する。
コウノトリ先生にトーラック希望を伝え、先生もお母さんの意思を尊重してくれました。

リスクがあっても下から産みたい秋野さん。
こだわります。
それは、一人目の子どもに強くあたってしまうのが、帝王切開で産んだからだと思っているからです。
ママ友にも次は自然分娩をすると言って、最後の最後まで自然分娩にこだわりました。

十分がんばったよ、というご主人や娘さんの言葉で帝王切開に切り替えることをようやく決めて、無事に出産。
幸せそうな家族に温かいコウノトリ先生の言葉が胸に響きます。(30代女性)

 

前作でも、自然分娩の方が愛情が持てると、自然分娩に拘る妊婦が出てきましたが、やはり、そのように感じる人は少なくないのだろうと実感しました。
特に今回は、既に1人産んでおり、その子への接し方に悩んでの事だったので、余計に拘ってしまったのだろうと、また違った感覚で見ることが出来ました。
安めぐみ演じる蓮の『頑張って産んで良いお母さんになるの!』というセリフの緊迫感が、より追い詰められた母親の感情が出ていた感じがしました。
そんな母親の気持ちを尊重しながらも、冷静な判断をしながら優しく見守る綾野剛演じるサクラの存在は、相変わらずの安心感がありました。(30代女性)

 

今回はトーラックがテーマでしたね。 帝王切開で産んだために子供に愛情が注げないのでは無いか。 育児はどんな所からも悩みが出てきてしまうものなんですね。 そして今回はペルソナの人手不足も問題化してきます。 現実の産婦人科でも医師の人手不足によって現場は疲労しています。 物語中にあったICUに赤ちゃんを預けて旅行に行ってしまう両親。 治療が出来ない間、医師は赤ちゃんにつきっきりになって 余計負荷がかかります。 コンビニ受診が問題になっていますが、患者側も医療について考える時期に 来ているんだなと感じました。 最後まで自然分娩を諦めようとしなかった蓮が帝王切開を決断したのは、 娘の「頑張って」という言葉でした。 娘の愛情はどう産んだかとは関係ないと、娘の言葉からも感じたからでは 無いでしょうか。 今回も、育児と出産に悩むお母さんに勇気を与えたお話だったと思います。(40代男性)

コウノドリ第5話のストーリー展開予想

2人の妊婦さんの友情がメインのようですが、なんとなく、どちらかに異常がみつかり、分娩できないか、または最悪の状況になってしまうのかなぁと思いました。
それを2人はどう乗り越えて、またその友情はどうなってしまうのか、がメインの話になりそうです。
きっとこの2つの家族にも、背景にはそれぞれストーリーがあって、また泣かせられてしまうんじゃないかなぁと思います。
あと、下屋先生にも患者さんのことで何かあって、第5話は下屋先生が更に成長出来るストーリーも隠されているのではないでしょうか。
来週も楽しみにしています。(20代女性)

 

安定期に入った時期と言われる妊娠5ヶ月。
妊婦さんはこれから色々なマタニティーライフを思い描いていると思います。

妊娠27週で、コウノトリ先生から切迫早産と診断されます。
切迫早産は、赤ちゃんが早く産まれてきてしまう可能性があることを言います。
なので、安静が必要になります。

急遽入院をすることになる妊婦さん。
不安いっぱいの中、入院し、大部屋で同じ境遇の妊婦さんに出会い、ともに励まし合います。
同じ境遇の妊婦さんとは、きっと仲間意識が強くなると思います。
無事にお腹の中で育ってくれることを祈ります。
どうかまだ産まれてきませんように。(30代女性)

 

予告を見ると、切迫早産の妊婦二人が主人公のようで、更に片方には何か予期せぬことが起こるような感じだったので、同じ境遇で分かち合っていた母親の、片方が流産をしてしまうのかなと予想しています。
そして、生まれていた友情が崩れてしまったり、残されたもう片方の母親へのプレッシャーが強くなってしまうのかなと考えています。
また、今回産科での研修を終えた、宮沢氷魚演じる吾郎の行く末も注目するところです。
今回、蓮の出産に関わったことで、産科への意識が変わったようだったので、今後、研修を終えた吾郎が、再び産科に戻ってくるのではないかと予想します。(30代女性)

 

次回は出産時の長期入院がテーマのようですね。 切迫早産の可能性がある西山瑞希が同じ病状で入院している 七村ひかると一緒に入院をします。 出産は必ずしも通院で出来るわけでは無く、 時には入院が必要と判断されることもありますよね。 それも長期入院となると、ただでさえ不安な妊婦さんに 余計なストレスを生んでしまいますよね。 そして医療の現場でも入院という安全策を取っても、 想定外の事が起きてしまうのだと思います。 次回はサクラがそんな想定外の事態にどう立ち向かうのか、 妊婦さんとどう向き合うのかがテーマになりそうです。 サクラが予測できなかった事態とは何なのか、 切迫早産と戦う水樹とひかるが出産とどう戦うのか、 次回に注目したいと思います。(40代男性)

11月10日(金)のコウノドリ第5話の放送も楽しみです。

POINT
コウノドリの過去の放送を無料でご覧になりたい方は、U-NEXTがおすすめです。