2017年11月10日(金)放送のコウノドリ第5話は、切迫早産をテーマにしたママの出産ストーリーでした。
篠原ゆき子さん演じる西山瑞樹がお腹の中で赤ちゃんが亡くなってしまうという大変辛い妊婦さん役を素晴らしい演技をされて涙を流した方も多かったようです。

篠原ゆき子さんは、このコウノドリ第5話に出演し、ブログが今まで以上のアクセスを獲得し、大人気になりました。
これからのドラマ出演に期待できる女優さんです。

コウノドリ第5話ネタバレ

コウノドリ第5話は、篠原ゆき子演じる西山瑞樹が、妊娠27週で子宮口が開いており、早産の可能性もあるために出産まで入院することになりました。
すると同室に、矢沢心演じる七村ひかるが先に入院しており、2人は意気投合して仲良くなります。
瑞樹は第一子を妊娠していて、ひかるは第三子を妊娠中です。
ところが、瑞樹の赤ちゃんが原因不明のままお腹の中で亡くなってしまいます。
急に瑞樹が個室に移ってしまい、その理由をひかるはわからないままでした。
ひかるは瑞樹の赤ちゃんが亡くなったことを知らず、たまたま廊下で会った瑞樹に、赤ちゃん連れてお店に行くね!と、声をかけてしまいます。
そんなひかるに瑞樹は、本当のことを言えず、でも笑顔でひかるに元気な赤ちゃんを産んでね!と伝えました。
その後真実を知ったひかるは、号泣しました。
瑞樹は悲しみにくれるなか、旦那と2人でやっている自分たちの洋菓子店に連れて帰り、最後に3人で過ごしました。

松岡茉優演じる下屋は、井上依吏子演じる大松美代子の赤ちゃんを緊急帝王切開で翔太くんという男の子を超低出生体重児でとりあげました。
しかし、大松夫婦は翔太くんの手術を拒否してしまいます。
そのことで、大松と下屋の間には見えない壁が出来てしまいましたが、最後には和解して無事手術を受けられるという内容でした。
(20代女性)

 

今から入院と言われ驚く西山瑞希(篠原ゆき子)。切迫早産の可能性がありこのまま安静にする必要があると産婦人科医のサクラ(綾野剛)から告げられます。

出産までの2ヶ月は入院生活です。西山と同室の七村ひかる(矢沢心)も同じ理由で入院中です。

西山瑞希の胎児が32週に入った頃、腹部エコーで心拍が確認できないという事態が起こりました。

個室に移りサクラと四宮(星野源)で再度腹部エコーをした結果やはり心拍は確認できず、IUFD(子宮内胎児死亡)と判断されました。
明日の朝亡くなった胎児を出産するための準備を今から始めましょうとサクラは西山瑞希に話しました。

夫婦は一晩中胎児の死亡を悲しみました。次の日、陣痛促進剤によって陣痛を起こし胎児を出産することとなりました。西山瑞希はサクラに聞きました。どうして赤ちゃんは死亡してしまったのかと。サクラは僕にも原因は分からないと答えました。

陣痛が強くなり赤ちゃんを出産します。赤ちゃんの名前を叫びながら出産した瑞希に助産婦の小松(吉田羊)はかわいい女の子だね、よく頑張ったねと声をかけました。
西山夫婦は死亡した胎児の解剖を望まず、結局胎児の死亡の原因は最後まで分かりませんでした。

亡くなった赤ちゃんにしてあげたいことはなんですか?と聞かれ西山夫婦は沐浴することを希望しました。西山夫婦に寄り添う小松とサクラ。
そんな2人を見て患者に寄り添うことってどういうことだろうと考える下屋(松岡茉優)。
下屋は緊急手術で帝王切開して生まれた超低出生体重児の男の子・翔太くんの両親に理解を求める手紙を書きました。
両親は下屋が行なった緊急開産に納得していませんでしたが手紙を受け取った母親が病院にやって来ました。

緊急開産の必要性をもう一度説明させて欲しいと言う下屋に、先生は翔太のために最善を尽くしてくれた、息子の手術の話を詳しく聞きたいと言った母親、それを聞いて涙する下屋でした。(40代女性)

 

下屋先生が行った緊急帝王切開の手術に納得していないご両親は、赤ちゃんのこれ以上の手術を望んでいません。
今橋先生が説得しますが、ご両親はなぜ緊急帝王切開をして赤ちゃんの命を助けたのかと言います。
病院としては、いち早く赤ちゃんの手術をしたいのですが…

一方、妊婦健診でコウノトリ先生から、切迫早産で入院を言い渡される西山さん。
同じ境遇の七村さんとお友達になり、励まし合いながら入院生活を送っていた。
元気な赤ちゃんが産まれますように。

その願いもむなしく、西山さんの赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまいます。
亡くなった赤ちゃんを出産し、かわいがる西山さん。
七村さんも異変に気付き心をいためます。

患者さんに寄り添う、助産師の小松さんや、コウノトリ先生の姿を見て、下屋先生は手術を納得されていないご両親へ手紙を書きます。
その思いが通じてお母さんが手術の話を聞きに来てくれました。(30代女性)

 

今回サクラ(綾野剛)の診察に訪れた西山瑞希(篠原ゆき子)は切迫早産と診断されました。
入院した同室には同じ症状で入院している七村ひかる(矢沢心)がいて一緒に頑張ろうと話していました。
瑞希は夫と一緒に洋菓子店をやっていて、スタッフやひかるたちにプリンを差し入れして
仲良くなっていきました。
瑞希の体調はサクラが万全に管理していましたかに見えました。
でもそんなある日、瑞希の検診で赤ちゃんの心音が聞こえなくなっていることに気づきます。
四宮(星野源)にも念入りに検査してもらいましたが、やはり心音は聴こえません。
赤ちゃんは亡くなっていました。
サクラは瑞希に「原因はわかりません」と正直に伝えました。
瑞希は「私のせいですか?もっと安静にしていればよかったですか?」とサクラに泣きながら
問いかけますが、サクラには「わかりません、申し訳ありません」と答えるしかありませんでした。
それでも瑞希は頑張って亡くなってしまったお腹の胎児を出産しました。
廊下で瑞希はひかると会いますが、赤ちゃんが亡くなったことは直接言えませんでした。
ひかるは瑞希の様子が変だと感じながらナースステーションの前を通った時、
瑞希の赤ちゃんが亡くなってしまったことを知ります。
ひかるは自分がかけた言葉を後悔し泣きじゃくりました。
瑞希の退院の日、ペルソナのスタッフはケーキを用意して西山夫婦を励ましました。
西山夫婦は赤ちゃんを大切に抱きかかえながら、スタッフに見送られて退院していきました。
その後、ひかるには元気な赤ちゃんが生まれました。
そしてひかるに西山夫婦からプリンが送られてきました。
その中には「出産おめでとう」というメッセージが添えられていました。(40代男性)

コウノドリ第5話をご覧になられた方の感想

篠原ゆき子演じる西山瑞樹と、矢沢心演じる七村ひかるのやり取りは、すごく心打たれました。
ひかるは3人目の妊娠で、それもちゃんと産んで、なのに1人目の妊娠の瑞樹は、もう少しで出産だったのに死産になってしまい、もうたくさん泣いた回でした。
産声をあげることが出来ない我が子を、陣痛を起こして産まなきゃいけないことが、どれほど辛いことなのかというのがすごく伝わってきました。

井上依吏子演じる大松美代子も、自分の意思ではないまま帝王切開され、そのことで医師に不信感を抱くのもわかるなぁと思いました。
結果的に松岡茉優演じる下屋と分かり合えてよかったです。(20代女性)

 

亡くなった胎児を出産すると聞いて驚きました。つらいお産になると思いました。産まれて良かった、でももう胎児は亡くなっているという状態に戸惑いました。

同室だった妊婦の七村ひかる(矢沢心)に声をかけられて西山瑞希(篠原ゆき子)は本当のことが言えませんでした。

辛過ぎて現実を受け入れられないせいもありますが、今から出産を控えている七村に不安を抱かせてはいけないと気を使ったのだろうと思いました。

32週まで無事に育っても原因不明で亡くなってしまった胎児とたった14週で帝王切開され
て助かった命と対照的なストーリーだったなぁと思いました。(40代女性)

 

緊急手術は、先生の判断が問われます。
総合的に見て、先生の判断は正しかったとしても、ご両親が納得いかない場合もあるんだなと思いました。
助かる命は助けたいという思いと、何か後遺症が残ったりしたらどうするというご両親の思い。
どちらも分かる気がします。

どんな時も、患者さんに寄り添った診察が必要だなと思いました。

長期入院の妊婦さんは、大部屋で友達が出来、がんばっていました。
赤ちゃんの為にがんばる。
ただそれだけ。
赤ちゃんがいるからがんばれるんですよね、ほんと。
私も長期入院経験者なので分かります。

そんな赤ちゃんがお腹の中で亡くなってしまって、とても無念でした。
頑張った先に、元気な赤ちゃんに会える。
そう思って私は出産しましたが、亡くなった赤ちゃんを出産するのはどんな気持ちだろう。
本当になんて声を掛けていいかわからないです。(30代女性)

 

今回は切迫早産のお話で悲しい結末になってしまいましたね。
でも出産は現代でもリスクはあって亡くなってしまうこともあるのだということを、
このエピソードで伝えたかったのだと思います。
ドラマの中で四宮(星野源)が「死産の4分の1は原因不明なんだ」というセリフがあり
驚きました。
どんなに万全な体制で入院しても切迫早産にはリスクがあるのだということを知りました。
このドラマを通じて実際の妊婦さんたちに医療の実情を伝えることは大切なことだと思います。
そして瑞希(篠原ゆき子)のように亡くなった赤ちゃんをどういう風に看取り、
赤ちゃんとの最期を迎えるかということも、頭の片隅に置いておく必要があると思いました。
今回は出産のいろんなリスクについて考えさせられるエピソードでした。(40代男性)

コウノドリ第6話のストーリー展開予想

救急車で運ばれてきた患者が、神谷カエという妊婦であることを確認した下屋が凄く心配していました。
母子ともに危険な状態で、しかも病気を見落としていた可能性もある、とのことなので、医師の判断ミスか診療ミスがあったのでしょうか。
下屋の患者さんへの入り具合もいつもより違う感じがしました。
第6話は、下屋への試練な気がします。
そんな下屋に、鸛鳥先生や、四宮先生がどんな教育をしていくのかも見どころではないでしょうか。
そして、同期の白川先生が下屋に一番近いと思うので、2人の絆みたいなものにも注目したいと思います。(20代女性)

 

下屋ドクター(松岡茉優)が自信を失い、悩み苦しみそうです。自分の判断が正しいのかどうか分からなくなって不安になります。
下屋ドクターが診察した妊婦の心肺停止、赤ちゃんに酸素がいかないと脳に障害が起こってしまうかもしれないと必死で処置を行います。
もともと下屋はカエ(福田麻由子)の様子に気になる点があるとこはる産婦人科の院長に話をしていたので責任を負う必要はないと思いますが、まじめで責任感の強い下屋は自分にせいだと感じると思います。
何が原因でカエが心肺停止になったのかとても気になります。無事に回復して欲しい、おなかの赤ちゃんに影響がないことを希望します。40代女性)

 

第5話で、また一つ成長した下屋先生にまた難題が訪れます。

患者に寄り添った診察、対応を心掛け、患者さんと積極的に関わりをもつようになります。
ヘルプで行った病院で担当した妊婦さん。

その妊婦さんが、自分がいる、ペルソナ総合病院に緊急搬送されてきたのです。
下屋先生やコウノトリ先生、救急の先生まで駆けつけ事態の重さを感じます。

妊婦さんの名前を必死で呼ぶ下屋先生。
お母さんも赤ちゃんも助ける。
先生たちの思いは通じつのでしょうか。

下屋先生の、産科医としての進退が問われる第6話。
はらはらドキドキです。楽しみです。(30代女性)

 

6話は下屋がピンチヒッターで行く「こはる産婦人科病院」でのエピソードです。
下屋は切迫早産で入院している神谷カエ(福田麻由子)の相談を積極的に乗ってあげるのですが、
白川(坂口健太郎)には首を突っ込み過ぎちゃないかと咎められるようですね。
下屋は世話焼きなので意気投合したカエの悩みに親身になって相談に乗りたかったのだと思います。
でもあまりやりすぎると医師としての冷静な判断が出来なくなってしまうかもしれませんね。
そして下屋はカエの様子に違和感を感じ院長に引き継いでペルソナに帰ったのですが、
そのカエが心肺停止でペルソナに緊急搬送されてきてしまいます。
ピンチヒッターではやれることは限られていますが下屋の性格からして、
どうしてこうなってしまったんだろうと思い悩んでしまいそうですね。
赤ちゃんがどうなってしまうのか、そして下屋はどういう風にカエに寄り添うのか、
展開に注目したいと思います。(40代男性)

11月17日(金)のコウノドリ第6話の放送も楽しみです。

POINT
コウノドリの過去の放送を無料でご覧になりたい方は、U-NEXTがおすすめです。