お正月を旦那さんのご実家で過ごす方もいらっしゃるかと思います。その際に、自分の実家と違うおせち料理やお雑煮の味に驚いたという方もいらっしゃるかと思います。そんな驚き体験をもとに地域で違うお雑煮・おせち料理の違いをお伝えいたします。

おせち料理やお雑煮は地域性がある

冬になると、年末年始、お正月が楽しみの方も多いのではないでしょうか。大掃除が終わると、いよいよ待ちに待ったお正月がやってきます。お正月は、初詣やお年玉、そしておいしいおせち料理が楽しみですよね。お正月の楽しみの1つ、おせち料理やお雑煮に、地域性があるのをご存知でしょうか。

スポンサーリンク




おせち料理の地域での違い

おせちといえば定番の「祝い肴」ですが、関東と関西で異なるのをご存知ですか?

関東では「田作り」「黒豆」「数の子」が「祝い肴三種」とされていますが、関西では「田作り」が無くて「たたき牛蒡」が入っています。

お友だちのご主人が岐阜県のご出身で「田作り」「たたき牛蒡」も入っていなくて、「黒豆」「数の子」だけで驚いたという話を聞きました。これでは「祝い肴三種」ではなく「二種」になってしまいますね。

別の滋賀県の友人宅では、おせち料理のお重にいちごが入っていたという方もいらっしゃいました。おせち料理は地域だけでなく、各家庭で異なるのも面白いです。

スポンサーリンク




お雑煮の地域での違い

お雑煮の地域での違いをご紹介します。よくテレビなどで紹介されているので、ご存知の方も多いかもしれませんが、お餅の形が関東と関西では違います。関東では真四角のお餅で、関西では丸いお餅が使われます。お友だちのご主人のご実家岐阜県では、一般的には四角いお餅で、時々丸いお餅も使われていたそうです。

味付けも地域によって異なり、関東ではカツオ出汁にしょうゆ味のお雑煮が多いのに対して、関西では白味噌が使われます。

お餅、味付けが違うので、もちろん具も地域によって異なります。具については、関東・関西の2つの地域ではなく、かなり細かく地域によって分かれます。

例えば、お友だちのご主人のご実家、岐阜県を含めた東海地方では、なんと具はお餅と餅菜と呼ばれるホウレン草のような草だけのようです。
岐阜県民の方にはこの餅菜(東海地方では正月菜とも呼ばれます)が大好きな方が多く、お正月しか食べられない餅菜に大興奮する方が多いそうです。

青森県では皮くじらが使われていたり、岩手県ではくるみが入っていたりと県によってお雑煮の具は異なるようです。

埼玉県に住んでいる友人宅では、鶏肉や大根、人参、ぎんなんなど、具沢山なようです。

東北地域の山形県では、芋煮の影響があってか里芋を入れるご家庭もあるのだとか。

日本各地のおせちやお雑煮を食べてみよう

日本各地には、地域独特のおせちやお雑煮があります。おせちは通販なら別の地域の物を購入する事ができるので、一度他の地域のおせちを食べてみるのも良いのではないでしょうか。お雑煮も、お正月の旅行で色々な地域に出かければ、色々な種類のお雑煮を食べて見る事が出来ます。東海地方のシンプルなお雑煮も、是非食べてみて下さい。

スポンサーリンク