七五三のお祝いの基礎知識

子供の成長を願う行事の「七五三」ですが、自分自身が昔やった記憶がうっすらとあるものの実際、親になってみると7才、5才、3才の時に祝うことは知っていてもいつどの時期にやるのか詳しいことが分からないという人も多いのではないでしょうか?

そんなママさんたちのために、七五三のお祝いをする時期やどのようなことを行うのかを紹介いたします。

七五三とは?

七五三は男の子と女の子で祝う年齢が異なることはご存知でしょうか。男の子のお祝いは、3才と5才の時に行い、女の子のお祝いは3才と7才の時に行うのが一般的です。

お祝いする時期

七五三を行う時期としては、11月15日に行うとされていますが、毎年この日が土日になる訳でもなく都合をつけることが難しい人も多いのが事実です。ですので、11月15日前後の大安や友引など日柄のいい日や週末を選んで行う人が多いです。

お祝いする場所は神社かお寺、事前に予約確認

七五三は神社やお寺で行われますが、この頃の神社は七五三の人で大変混み合います。七五三では、参拝だけをする仕方とお祓いをしてもらう仕方がありますが、お祓いをお願いする場合には予約が必要となる神社もあります。自分の行こうとしている神社が予約が必要かどうかを事前に確認しておくといいでしょう。
神社やお寺に直接伺うか、電話をすれば予約について詳しく教えてくれます。

七五三の日はお参りの他に写真撮影や会食を

神社で行うことは主にお祓いやご祈祷となりますが、それで終わるのではなく七五三を記念して写真撮影に行かれる方が多くいます。せっかく着物で着飾っている可愛い姿を写真に収めたいと思いますよね。10月11月の写真館は大変混み合うので、早めの行動がカギとなります。

また、可愛いお孫さんのために両家の祖父母も集まる家庭も多いです。神社でご祈祷した後に、両家揃ってお食事に行かれるというケースも多いでしょう。会食でしたら、お店によっては七五三プランが用意されているところもありますのでを外食でとお考えの方は、事前予約をオススメします。

着物のレンタルは、夏頃にはしておきたい

七五三に着ていく着物を、購入する人は珍しく、大体の方がレンタル衣装を利用するようです。中には人気な着物があり、すぐになくなってしまう場合もあるため7月が8月の夏休み頃には衣装の予約をしておくと安心です。

七五三のお参りは神社とお寺では参拝方法が違う?

七五三は神社でもお寺でも行われていますが、実は神社とお寺では少し異なることがあるので注意が必要です。参拝の仕方ですが、神社の場合お賽銭を入れた後には「ニ礼・二拍手・一礼」となりますがお寺の場合には静かに両手を合わせるだけで手を叩いてはいけないのです。

神社とお寺への初穂料の書き方が異なる

また、七五三のご祈祷を受ける際に、初穂料と言われるご祈祷金をお支払いすることになりますが、そのご祝儀袋の書き方は神社の場合には「初穂料」「玉串料」と書きますが、お寺の場合には「御布施」となります。

初穂料の相場

初穂料の相場は、5000円~10,000円が一般的です。金額が指定されている神社もあるのでこれも事前に確認しておきましょう。

七五三のお祝いで色々と予約が必要になってくるので早め早めの行動を心がけましょう。色々とバタバタしてしまいがちですが、可愛い我が子の晴れ姿は盛大にお祝いしてあげたいですよね。お子さんの体調を第一に、思い出に残る素敵な七五三のお祝いが出来るといいですね。