ママ

もうすぐ4月、新生活もスタートしますね。保育士として初めて働く新人保育士さんもいらっしゃいますよね。

現役保育士ミッキーさんから新人保育士さんに向けてアドバイスがあります!

憧れの保育士になり、働き始める新任保育士さん。

きっと期待と希望に満ち溢れているに違いありません。

でもそんな時に落とし穴が・・・

気持ちが折れてしまう前に状況を把握して自分をコントロールするのはいかがですか?

スポンサーリンク




働いた時点で「先生」

今まで保育士を目指す学生として、日々勉強に励んでいた方が4月1日から晴れて保育士です。

子どもの前に立つともう「先生!!」と呼ばれます。

他の先生からもそう呼ばれます。

子どもの前や先生方の前では、まだまだ新任という立場でいいのかもしれません。

しかしここで難しい壁があります。

それは保護者です。

保護者にとっては10年目の先生であろうが、保育士1日目であろうが先生であることに違いはありません。

そんな状況で保育について質問されたらどうしますか?

しっかり答えられますか?

残念ながら先生です。

答えるしか方法はありません。

でも100点の答えはなかなか言えないですよね。

そんな時に対応力です。

先輩の先生に任せるのもOK、お母さんの気持ちに同意して結果的にはぐらかすのもOK・・・

つまり今ある自分の知識で対応するしかないのです。

でも「わかりません」はNGです。

内心がドキドキでも、顔には余裕をみせて対応するようにしなければならないのです。

そしてそんな状況でも答えられるように、いろいろな知識を頭に入れておく必要がありますね。

保育士になれたからとそこで、勉強を諦めてしまうのではなく、努力を続けることが大切なんです。

スポンサーリンク




先輩や主任と上手く仕事をするコツは?

先輩の先生や主任の先生って・・・少し怖い印象がありますよね。

でもそんな先生と一緒に保育をしなければならないのですから、仲良くするしかないのです。

ちょっぴり怖い先生でも仲良くならなければ、サポートもしてもらえなくなりますよ。

フレッシュな気持ちで上手く付き合えるように頑張りましょう。

1.笑顔

まずは笑顔です。

緊張から顔がこわばってしまうかもしれませんが、意識的に笑顔を作りましょう。

第一印象が一番大切ですよ。

子どもも笑顔のある先生とない先生では、必然的に笑顔の多い先生を選びます。

2.積極的な姿勢

失敗は1年目ではつきものです。

むしろ失敗ばかりかもしれません。

しかし、それでどんどん消極的にならないでください。

学びたいという姿勢を忘れないようにしましょう。

3.社会人としての一般知識

人と関わる仕事です。

関わりを円滑にするために、一般的な知識は必要ですね。

4.雑務も積極的に

保育以外の雑務も多いのが保育士です。

1年目はいろいろなことを覚えるという意味で、雑務が多くなるかもしれません。

でもそれを嫌がらないでください。

そんな下済みが大切ですよ。

まとめ

どんなに長く保育士をしていても、新任保育士の時代がありました。

真剣に仕事をすれば、先輩方は分かってくれます。

全力で保育士として頑張って欲しいと思います。

ママ

新人保育士として働かれる新社会人のみなさん、頑張ってくださいね!

スポンサーリンク




合わせて読みたい記事