毎日掃除をしていても、あまり手をかけていないのが窓ではありませんか?

年末の大掃除まで「何もしない」という方も多いのではないでしょうか。

雨の影響でも埃や土などがくっついてしまって結構汚れてしまいますよね。

「窓掃除、苦手だな、面倒だな。」という方に簡単に綺麗にするための方法をお伝えします。

窓掃除に必要な道具は、クロスとバケツのみ

窓掃除には特別な道具を準備する必要はありません。

窓掃除用のクロスとバケツさえ準備すれば窓を綺麗にすることができます。

窓掃除に大事なのは、クロスを水で濡らした後にしっかりと絞ってから窓を拭くことです。

それさえしっかり守れば窓がうんと綺麗になります。

いつも窓を拭いた後の、水滴の跡がどうも綺麗にならなくて困っている人はクロスの絞りが足りていないのだと思います。

頑固な汚れで水だけでは落とすのが困難な場合は、食器用洗剤などをバケツの中の水に少し入れて同様に窓拭きをしてみましょう。

窓掃除は年に2、3回するのがおすすめ

大掃除の時に行うだけという人も多い窓掃除ですが、やはりそれでは汚れが溜まってしまうためこまめに掃除することをおすすめします。

おすすめしたい時期が年に2回あり、梅雨明けの時期と台風が去った後の秋です。

梅雨明けの時期は花粉のピークも過ぎ去り、窓に付着した花粉も一緒に綺麗にすることができます。

台風の後も、台風によって影響を受けた砂や埃がたくさん窓に付着するので掃除のしがいがありますし、綺麗にすることができます。

また、どちらも気候がいいので夏の暑い日や冬の寒い日に掃除をするよりもやりやすいです。

さらに、窓掃除に最適な時間帯もあり、午前中に行うことをおすすめします。

空気が乾燥してしまう前の時間帯が窓掃除には最適なので、まだ朝の霧が残る時間に早めに掃除してしまうことで綺麗にすることができるのです。

他の床掃除やトイレ掃除を終わらせてから窓掃除をするという人も多いと思いますが、先に窓掃除を行うようにしてみてはいかがでしょうか。

ひどい窓汚れをキレイにする方法は、新聞紙を使うこと

上記で紹介したように、窓拭きに特別な道具は一切必要ありませんがもっと綺麗にぴかぴかにしたいという人におすすめしたいのが新聞紙を使うことです。

新聞紙の印刷されているインクが実は窓拭きとの相性がいいので、仕上げに新聞紙で拭くことで更に磨きがかかるのです。

最初に窓拭きクロスでしっかりと汚れを落とした後に乾いた新聞紙を丸めて拭いてみてください。

窓にまだ水分が残っているうちに新聞紙で拭き取ることがポイントなので窓拭きをしたら間髪あけずに行うようにしましょう。

新聞紙の拭き上げは、ピカピカにする他にくもり防止の効果もあります。

戸建てなどにお住いの方で窓がたくさんあって拭いていると時間がかかってしまうというご家庭にはスクイジーがおすすめです。

プロのお掃除屋さんなどは、みんなスクイジーを使用しています。窓を一瞬で綺麗にすることが可能なので時間をかけたくない人にもおすすめです。

直接窓にスプレーにかけてはいけない

窓掃除がだんだんやりたくなってきた頃ではないでしょうか?

窓掃除をしていて、やりがちなのが直接窓にスプレーをすることです。

これは、絶対にしないでください。スプレーした液などが上から下に流れてきたあとがそのまま残ってしまい拭いてものちのち出てきてしまうということも起こりえます。

せっかく綺麗になった窓も台無しになってしまう可能性があるので気をつけましょう。

窓掃除と合わせて、網戸の張り替えや家の修理や点検をしてもらうのもいい方法です。

特に戸建てにお住いの方は、なかなか家の定期点検がないため、ついつい先延ばしになってしまうことが多いのではないでしょうか?

ぜひ、年末、大掃除の機会に点検することをおすすめします。